ランド スケープ デザイン

地域の施設および周辺の環境を整え、人々を健康で豊かな暮らしに導くために総合デザインする
ことです。
休耕地の活性化から、病院・ホテル・住宅向けの、エコ・グリーン設計まで幅広く行っています。

ランド スケープとは

ランド スケープ』とは、日本では まだ、馴染みの少ない言葉ではあるが、その意味を辞書で
調べてみると、『風景』 『景色』などと、記されています。

しかし、山本秀美の考える、『ランド スケープ』とは、この地球上の自然と、そこに住む人間の生活を、
いかにうまく組み合わせていくかということである。
単に、美しい風景を作るとか、デザインをするという 芸術な要素だけではなく、その風景の中に、
どう植物を配置すれば、空気をにきれいにする事が出来るか? また、どの土を使えば水を浄化
させることが出来るか?
などといった 周辺の環境、生物、そこに住む人の生活パターンまでをトータルに考えながら、
『風景』 『景色』を、設計していくことである。

また、長年、研究してきた、ハーブを使い、香る、食す、癒すなど、人間の五感にもうったえる、
空間設計を、一つの持ち味としています。

land-10.jpg
land-7.jpg
land-8.jpg
land-9.jpg